就職活動と就職先の絞込み

就職活動アドバイス情報

プロフィール

就職活動

Profile:就職活動アドバイザー

新卒学生の就職活動を応援します。

2008年10月以降、リーマン・ショックを機に世界同時不況の様相を呈し、雇用環境が劇的に悪化しています。

企業は派遣切りなどで非正規労働者を減らしています。

新卒採用も削減の対象になっています。

就職活動

このような就職氷河期に就職活動をしている学生の皆さんに就職活動に役立つ情報を提供します。

Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

就職活動と就職先の絞込み

就職先の候補を絞込むことは就職活動を開始するためには大切なことです。
自己分析を行う際、就職先が絞込めていないと、その企業が求めている人材と自分との対比ができないからです。


いろいろな就職先がある中で、自分が希望するような業種や企業を探す時には、産業界全体を見て理解することが大切です。
自分には、この業種は向いていない、興味がないと思っている人でも、よく理解してみると自分に向いていると思ったりするものです。
経済全体を理解し、各業界の動向や出来事を知っておくことで、自分に合っているかどうかの判断ができるようになります。


就職活動をする際に業界研究をするならどうすればよいでしょうか。
就職活動で業界を研究する方法は、まずは新聞を読みましょう。
特に経済新聞がベストです。
それは、企業の面接官が普段読んでいるのは経済新聞だからです。
さらに、市販されている書籍、会社案内、企業のホームページで業界や企業を研究します。
業界のセミナーや会社説明会にも積極的に参加するようにしましょう。
就職活動中にはほとんどの人がセミナーや会社説明会に参加は足を運んでいると思いますが、それは業界研究が目的です。
また、他の就職活動をしている人とも常に情報交換をするようにしておきましょう。


自分のイメージにぴったり合う職業が見つけるためには、自分で研究をしなければいけません。
この研究が、この後の履歴書作成や面接に役立ちますのでいろいろ研究してください。
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。