就職活動と内定

就職活動アドバイス情報

プロフィール

就職活動

Profile:就職活動アドバイザー

新卒学生の就職活動を応援します。

2008年10月以降、リーマン・ショックを機に世界同時不況の様相を呈し、雇用環境が劇的に悪化しています。

企業は派遣切りなどで非正規労働者を減らしています。

新卒採用も削減の対象になっています。

就職活動

このような就職氷河期に就職活動をしている学生の皆さんに就職活動に役立つ情報を提供します。

Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

就職活動と内定

就職活動の流れについて紹介したいと思います。
就職活動をスムーズに進めるためにも流れを把握しておくということは大切なことです。


まず、2・3月頃に行われる就職セミナーに参加した人に、就職選考に進むのか確認されます。
就職選考の意思がある人は必要書類を提出して、書類選考、筆記試験へと進みます。
だいたいエントリーシートの受付や筆記試験、面接といった流れは、企業のほとんどが4月頃に行っています。


内定をもらうまでには企業によっても違いますが、面接は3回から4回位です。
場合によっては、5回も面接があるところもあります。
この面接と面接の間の期間はそれほど長くありませんから、就職希望先の企業からの電話やメール連絡は必ずチェックするようにしましょう。
そして就職内定は就職協定により、10月1日以降に発表されることに決められていますから、この時点では内々定と呼ばれます。


これが就職活動の主な流れです。
この流れのとおり4月にはすでに筆記試験や面接が始まります。
逆算すると、2月頃には就職先候補を決める必要があります。
年々、就職活動の時期は早まりつつありますが、4年生になった4月にはすでに就職先の採用試験や面接を受け、5・6月には内々定が出ることになります。
4年生になってから就職活動を始めるのではなく、3年生から就職活動を始め4年生になったときには就職活動も終盤になっているようなスケジュール管理が必要です。


最近は通年採用や秋採用を行っている企業もありますので、春に内定がもらえなかった人は、通年採用や秋採用の企業の就職を目指して、就職活動を続けましょう。
その先には必ずよい結果が待っているでしょう。
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。