就職活動とメールのマナー

就職活動アドバイス情報

プロフィール

就職活動

Profile:就職活動アドバイザー

新卒学生の就職活動を応援します。

2008年10月以降、リーマン・ショックを機に世界同時不況の様相を呈し、雇用環境が劇的に悪化しています。

企業は派遣切りなどで非正規労働者を減らしています。

新卒採用も削減の対象になっています。

就職活動

このような就職氷河期に就職活動をしている学生の皆さんに就職活動に役立つ情報を提供します。

Getmoney登録



オートリンクネット



iGoogle/My Yahoo!


Add to Google
My Yahoo!に追加

就職活動とメールのマナー

就職活動で企業の採用担当者とメールをやりとりすることが多いと思います。
企業の採用担当者はビジネスレターに慣れていますのでで、要件を簡潔に、しかも失礼のないような文章で書くことが大切です。
就職活動でメールを送る際のマナーについて紹介したいと思います。


まず就職活動のメールでおさえておくポイントは5つです。
まず件名を書く場合には、そのメールの内容がわかるような件名にしましょう。
たとえば会社資料を送付してもらいたいという内容のメールだった場合には「資料送付のお願い」といったようにメールを見なくても用件がわかるようにしておくというのは大切なことです。
企業からのメールに返信するときには、件名をそのままにした方がいいでしょう。
新たな内容でメールをする場合には新しく件名を変える必要がありますが、2者間のやりとりの流れがありますのでそのままにしておくべきです。
本文は左上には、就職活動でお世話になっている人の名前や人事採用課といった部署と名前を書くようにします。
そして何か添付ファイルを送るというときには、先に先方に了解を得てから送るようにしましょう。
そしてメールの一番最後には署名をつけましょう。


では、一番就職活動でメールを送る機会が多い資料請求の書き方を紹介したいと思います。
まず件名は「資料請求のお願い」とします。
そして就職活動先の会社名の担当者の人の名前がわかるならそれを書きます。
本文は「突然のメールで失礼いたします」から始めて就職活動をしているどこの大学のだれなのか名乗りましょう。
そして資料請求をお願いして送り先を書きます。
そして重複してもかまいませんので、署名を利用して住所、電話番号などをもわかるようにしておきます。


メールであっても失礼に当たることのないようにきちんとマナーをわきまえて就職活動をするよう心がけましょう。
-->
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。